富山3区から日本大改革!

希望の党 前参議院議員 柴田 巧

 昨日より今日、今日より明日に「希望」が持てる、将来に「夢」を持てるそんな日本をもう一度取り戻すため、「希望の党」は誕生しました。

 日本は今、大きな岐路にあります。
 急速な少子高齢化、地方の疲弊、経済の低迷等、我が国はかってない困難に直面しています。これらを克服し、次の世代に誇りが持てる国や社会を残せるか否か、まさに正念場です。
 幸いわが国には、地域と民間に底力があります。それを引き出し、日本を「希望社会」としていくには、従前の「官僚統制・中央集権」を大胆に見直し、「既得権」 を打破しなければなりません。そのためには、しがらみがなく、既得権益にまみれない改革勢力の結集が必要です。
 それが、小池百合子率いる「希望の党」です。

 政権を安心して任せることのできる保守政党が二つあり、政策を競い合い、切磋琢磨することが、緊張感ある政治を実現し、ひいては、国家・国民にいい政治を届けることができます。
 特に今の我が国には、自民党とは異なりクリーンで進歩的、そして何より改革志向の強い保守政党が必要です。
 この政治信念のもと、「希望の党」は生まれました。

 これまでの政治を「リセット」する大きなチャンスです。
 富山3区の皆さんに「改革保守」という新たな選択肢を示し、「富山から 日本大改革」を成し遂げるため、私は決断しました。皆様方の深いご理解とご協力を賜りますよう衷心よりお願い申しあげます。

©Takumi Shibata All rights reserved.