もっと教育無償化を進めたい

後援会の皆様には、日頃より一方ならぬご支援ご協力を賜っておりますことに、心から感謝を申し上げます。

さて私儀、今般国政復帰をめざすことを決意しました。

私は参議院議員として、経済格差が教育格差にならぬよう、教育機会平等社会を実現すべく返済不要の給付型奨学金の創設や子どもの貧困対策等に積極的に取り組んできました。残念ながら3年前に道半ばで国政の場から離れることになりましたが、何としても子どもたちと日本に明るい未来をもたらしたいと存じます。

子ども達は国の宝。にもかかわらず、日本の子どもや子育て支援の予算は、先進国最低レベル。次世代に投資をしない国に明日はありません。身を切る改革や徹底行革で得た果実で、教育無償化をさらに進めたいと思います。

これまでの経験をもとに、教育予算を他の先進国並みに増大させ、教育の無償化を強力に推し進めて、わが国の明るい未来を切り開いていきたいと存じます。

何卒皆様方の絶大なるご理解ご協力を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。

日本維新の会・参議院比例区第11支部長 前参議院議員 柴田巧

柴田巧の日記

©Takumi Shibata All rights reserved.